« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

今日の札幌

雪融けがぐっと進み、市内は薄黒い雪が残った状態で被写体さがしに苦労します。 そんな中で何をどう写すかの練習。

視点がとても大事ですね... 街撮りは難しいですが勉強になります。

ガラスの映り込みや光と影、露光間ズームや遅いシャッタースピードでの被写体ぶらしなどに挑戦...sweat01

Sapporo001


まぐれでやっとピントがあった流し撮り。 coldsweats01

Sapporo07



このまま春に向かうのでしょうか...?


(2月28日撮影、E-M1+14-54mm)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

Internet Explorer 11の不具合について

今日はパソコンのお話です。

自動更新になっているほとんどのパソコンは、Internet Explorerのバージョンが、最新の11になっているのではないかと思います。

私のPCも自動更新にしてあったので、1月8日に11に更新されていました。

それを機に、ココログの記事作成画面の動作がおかしくなりました。

具体的には、文字の色が変えられない、絵文字が入れられない、画像挿入後のカーソル表示がうまくいかないなど。

みなさんの中にも、どうして?と困っていらっしゃる方がいらっしゃるかもしれないので、記事にすることにしました。

いずれは、ココログも11に対応するように変更されると思いますが、今日現在もまだ、記事編集はうまくいかないままです。

そんな方は、互換表示設定をすることで更新前と同様の操作が可能になりますので、お試しください。

まず、ご自分のInternet Explorerのバージョンが何になっているか、確認します。

画面右上のツールボタン(歯車のマーク)をクリックします。(コマンドバーが表示されている場合は、ヘルプボタンでもいいです)

Settei01

表示されたメニューからバージョン情報をクリックします。

Settei02

ここがInternet Explorer 11になっている方は、同様の不具合が出ていると思います。(ちなみに、「新しいバージョンを自動的にインストールする」の前にはチェックが入っているのがデフォルトですが、私は今回のことを考慮してはずしておくことにしました。)

Settei03


11になっている方は、続けて以下の方法で互換表示設定をしてください。

ツールボタン(歯車のマーク)をクリックし、互換表示設定をクリックします。

Settei04

追加するウェブサイトの所にココログのアドレスを入力するのですが、ココログのページを表示した状態でそのアドレスをコピー&貼り付けで持っていくのが楽だと思います。 その際、長いアドレスのままでも追加をクリックすれば、追加したウェブサイトに表示されるアドレスは cocolog-nifty.com に自動的になるようです。

Settei05



これで、今まで通りの操作ができるようになりますので、お試しください。

尚、他にも11になって表示できなくなってしまったというサイトがありましたら、同様に互換表示設定にしてみると直ることがほとんどです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

白銀の丘...美瑛のおまけです (^_^;)

あまりにも定番すぎておもしろくないなぁ...と思い、一度はボツにしたのですが、しばらく撮影に行かれそうもないので、引っ張り出してきちゃいました。coldsweats01

美瑛の朝景、おまけ編です。(笑)

Bieiasa24


Bieiasa26 


Bieiasa25 


Bieiasa01


Bieiasa23 



今冬は、11月、12月、そして今回の2月と3回美瑛に行きましたが、そのいずれも真っ白な霧氷を見ることが出来てほんとにラッキーでした。

まだまだ朝晩は寒いですが、一時のような酷寒はもう来ないような気がします。

少しずつ春が近付いてきているのでしょう...


(2月8日撮影、D600+24-70mm、E-M1+50-200mm)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

夕暮れの丘

旭岳から美瑛に戻り、マイルドセブンの丘で夕暮れを迎えました。

振り向くと、白銀の山々がとてもきれい...

Bieiyuu03


太陽の光が虹のように見える、幻日という現象が!

Bieiyuu02


前回も見られた日暈。 前回ほどはっきりしませんでしたが、2回連続で見られたということは、ここは出やすい場所なのかもしれませんね。

Bieiyuu01r


(2月8日撮影、E-M1+50-200mm、D600+24-70mm)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

真冬の旭岳

旭岳山頂へ行くのは、一昨年の秋以来です。 その時は紅葉が美しく、たくさんの観光客が来ていたのですが、真冬にこの山を訪れるのは、ほとんどスキー客。

その中に交じって、ロープウェイにのり、山頂へ。

真冬にこんなに穏やかなお天気になるのは、めずらしいでしょう。

Asahidake01


活火山なので、常に噴煙があがっているんですね~

Asahidake07


この日はほとんど風がなかったですが、強風が吹き荒れるとものすごいのでしょう。風紋がその状況を物語っています。

Asahidake04


見下ろすと、箱庭みたいに見える眼下の風景。

Asahidake06


蔵王ほどではないですが、樹氷になっているんですね。

Asahidake05


帰ろうかと思ってふと見上げると、山頂付近に月が浮かんでいました。(小さくてわかりずらいかな...(^_^;))

Asahidake03


ロープウェイの中からもパチリ camera

Asahidake02


↓におまけがあります。 (^^ゞ

続きを読む "真冬の旭岳"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

霧氷の丘

この日は気温が低かったので、10時ごろまで真っ白な霧氷の木々を見ることが出来ました。

Bieiasa03


Bieiasa11


Bieiasa10


Bieiasa07


あまりにもいいお天気が続くので、急遽思い立って、↑の写真の奥に見えている山= 旭岳 に登ってみることにしました。 (*^_^*)




(2月8日撮影、D600+24-70mm、E-M1+50-200mm)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

朝霧の丘をめぐる・・・2

今回の撮影で、私的に一番気に入っている作品。 8時過ぎになってもまだ地表に濃い霧が残っている、美馬牛小学校を見下ろす丘からの景色 heart04

(クリックすると大きくなります)

Bieiasa12


Bieiasa13


Bieiasa14


Bieiasa16


(2月8日撮影、E-M1+50-200mm)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

朝霧の丘をめぐる・・・1

前回の投稿写真は三愛の丘での撮影なのですが、その後、まだ霧がたなびく丘をあちこち回ってみました。 朝7時~8時にかけての状況です。

Bieiasa19


Bieiasa18


Bieiasa04


Bieiasa17


次は、三角屋根の塔で有名な美馬牛小学校を見下ろせる丘に上がってみることにしました。 

(つづく...)


(2月8日撮影、D600+24-70mm、E-M1+50-200mm)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

厳冬期の美瑛へ

8日夜半過ぎに出発して、美瑛へ行ってきました。 今まで行った中でたぶん一番寒く、一番天気がよかったです。

早朝から夕方までてんこ盛りの撮影でしたので、数回にわけてご紹介しますね。

現地到着時は濃霧でまったく何も見えない状態でした。 それだけ冷え込んだということなのでしょう。 最低気温が-27度を超え、何もかもが凍りつく世界。

7時近くになって、やっと山の陰から太陽が昇ってきました。

Bieiasa05


陽が射しこみ、霧がはれてくると、空気がキラキラ光りダイアモンドダストに!

ここでもまた見られました。

Bieiasa22


Bieiasa21


Bieiasa20


(2月8日撮影、D600+24-70mm、E-M1+50-200mm)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

極寒の朝

この所、寒い日が続いています。 今朝8時過ぎ、-20度の我が家の前。 音江別川の様子です。 これだけ冷え込むと川霧が立ち、木々に霜がついて霧氷になります。

Otoebetuasa03


かなり派手にダイアモンドダストが見えました。 

Otoebetuasa02


Otoebetuasa01


動画で撮影しようとおもったけれど、カメラのボタンが反応せず... 

寒さのせい? 家の中に戻ってしばらくしたら直ったけど、この程度でダメだと先が思いやられるなぁ...


(2月6日撮影、E-M1+50-200mm)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »